ボールキープ力の向上に最適なボールタッチ「スライド」

サッカーを初めた初心者の方や、まだボールに慣れていない小学校低学年の子供達にボールの動かし方を覚えてもらうのに最適なのが「ボールタッチ」であります。
ボールタッチはボールひとつあればどこでも練習することが出来るため、正しい練習方法を覚えてさえいれば、自宅での自主練習や狭いスペースしか無い時のチーム練習にも活用することができます。

ボールタッチのメリットは、いくつかあります。

  • 柔軟性のアップ
  • コーディネーション能力の向上
  • 正確なボールコントロールの習得

その中でも一番のメリットは「正確なボールコントロールの習得」ですね。
ボールタッチが上手に出来るようになることで、サッカーの基礎である「ボールを運ぶ」「ボールを蹴る」「ボールを止める」と言った技術の質を飛躍的に向上させてくれます。

多くのメリットがあるボールタッチではありますが、今回ご紹介するのは「スライド」と呼ばれるボールタッチです。

スライドとは

ボールタッチのスライド(slide)とは、足の裏でボールを外側に滑らせて、滑らした足のインサイドでボールを止めることをいいます。


ボールタッチの流れとしては、

  1. 左足の裏でボールを外側に滑らす
  2. 左足のインサイドでピタリと止める
  3. 右足の裏でボールを外側に滑らす
  4. 右足のインサイドでピタリと止める

メリット

  1. タッチを滑らかに行うことでボールが足に吸い付く感覚を身につけることでファーストタッチがよくなる
  2. ボールのキープ力が向上する
  3. リズム良くできることでバランス力が向上する
  4. ダブルタッチなどの組み合わせパターンに使え、突破力が向上する
特に目に見える効果としてはキープ力は格段に上昇します。

練習方法

スライド

上記の動画のようにその場でスライドを連続で行います。
この時の声がけは膝の使い方と、スライドを大きく使わせることです。

リズムスライド


通常のスライドが出来たらリズム良くスライドをします。

  1. 左足の裏でボールを外側に滑らす
  2. 左足のインサイドでピタリと止める
  3. 軸足(右足)を軽く跳ねる
  4. 右足の裏でボールを外側に滑らす
  5. 右足のインサイドでピタリと止める
  6. 軸足(左足)を軽く跳ねる

メリット

試合中で使えるような素早いスライドが出来るようになります。

方向を変えながらスライド

スライドを行いながら向きを変えます。

  1. 左足の裏でボールを外側に方向を変えて滑らす
  2. 左足のインサイドでピタリと止める
  3. 右足の裏でボールを外側に方向を変えて滑らす
  4. 右足のインサイドでピタリと止める

メリット

試合中は、必ずしも相手が正面にいるとは限りません。
あらゆる方向からボールを奪いに来ます。

その際に、ボールを自由な方向へ動かせることでキープ力が向上します。

指導ポイント

  1. 顔を上げて姿勢良くタッチする
  2. 足に常に吸い付く感覚でタッチする
  3. スライドする時はなるべく大きく早く行う

終わりに

スライドというとトータップのように行うスライドを思い浮かべる人が多いかもしれません。
以下の動画のように


確かにこういったタッチも有効なのですが、足に吸い付くようなイメージを感じてもらうには足にピタッと止めることが大事だと思います。

是非、自主練習やチーム練習のアップなどに利用してみてください。
スポンサーリンク

peco

日々息子と格闘中
お気軽にコメント等あれば残してください!

0 件のコメント:

コメントを投稿